ピアノのメカニズム

ピアノの鍵盤は黒と白が88個、規則正しく並びます。
鍵盤それぞれに1~3本の弦が張られ、
中音~高音はひとつの鍵盤につき弦は3本、
低音になるにつれて弦の数は少なくなり、弦の総数は平均して230本にもなります。
また、1本の弦につき、
70~90kgの重力で引っ張られています。
鍵盤と弦をはじめとするパーツは約8,000個あり、ピアノのメカニズムや理論を熟知し、
繊細にバランスよく「調律」、「整調」、「整音」など
調律技能士としての作業を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です